ゆったりとした間取りの平屋の家

ゆったりとした間取りの平屋の家MORINJU-LOGO-JPG.jpg竣   工:2016年12月
プ ラ ン:森樹 自由設計
工   法:木造軸組工法
延べ床面積:99.37m²(30.06坪)


【O様家づくりのポイント】
O様はご夫婦とお子様2人の4人家族。もともとこの場所にあったともとこの場所にあったご実家が老朽化したための建て替えでしたが、選んだのもご実家と同じ平屋でした。アトピーのある子どものために自然素材の家を作りたいという想いのあったO様。現代の木の家を提案するかがわの家.comの見学会で、家に入ったとたん「これだ! とビビッとインスピレーションを感じて」とご主人。家族の健康を守る家づくりがスタートしました。


【プランニングでのポイント】
「平屋に慣れていたし、2階は子どもが独立したら使わなくなるので」とのことで、最低限の部屋数をご提案しました。ゆったり座れる畳のスペースを確保するため、独立した和室は作らず、リビングをフラットな畳コーナーにしました。襖で区切らないのでフロアに段差がなく、リビングと一続きで広く見える効果があります。お客さんにゆったりくつろいでもらえ、子どもものびのび動き回れる空間となりました。また、子どものカバンなど普段使うものの収納もリビングにまとめて、動線を整理しました。


【仕様・設備へのこだわりのポイント】
構造材から柱、梁、床まで明るい雰囲気の無垢の木で、用途に応じて木の種類を使い分けました。LDの床は素足でも気持ちいいい杉の浮造り、寝室の床材は硬く粘りがあり、衝撃に強く耐久性にも優れているアカシアを使用。壁と天井は調湿機能の高い珪藻土塗りで、木の調湿力とも相まって、室内の空気を爽やかに保ちます。玄関の床は日焼けによる退色を抑えるUVカットコーティング材、その横には、子どもの自転車などが収納できる広いシューズクロークを備えました。


【施主様の喜びの声】
喜びの声
”自然素材=高い”というイメージがあり、はたして手が届くのだろうかと思いましたが、その不安を解消し家族の夢を実現へと導いてくれ、癒しに満ちた唯一無二の我が家が完成しました。柱や梁、羽目板などのペイントに自ら参加したことで、喜びも愛着もさらに増しました。


フォトギャラリー写真をクリックすると拡大して見ることができます。

外観 LDK LDと土間 キッチン フリースペース 子供部屋 薪ストーブ 書斎 洗面所

施工事例一覧に戻る

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント