千本格子戸から広がる和モダンな家

千本格子戸から広がる和モダンな家komorebi_logo.png竣   工:2016年11月
プ ラ ン:komorebi 自由設計
工   法:木造軸組工法
延べ床面積:111.79㎡;(33.82坪)


【C様家づくりのポイント】
U様はご夫婦とお子様1人の3人家族ですが、家づくりを機にご主人のお母様との同居を希望されました。扉を開けると洗い出しの土間玄関がお出迎え。そこには大きな丸窓と千本格子の引き戸が配され、まるで旅館に招かれたような優雅な気持ちに。そして引き戸の先に広がるのは、シックな雰囲気で統一された広々LDK。この古民家を思わす粋な佇まいが、ご夫婦のご希望でした。「デザイン重視の洋風ではなく、木をふんだんに使った癒しに満ちる和の家を夢見ていました。今では仕事から帰ってくるのが楽しみで、一日の疲れも吹き飛びますね」とご主人。手足を伸ばして床に座ったり寝ころんだり。日本古来の生活スタイルを好むご夫婦とって、まさに最高のデザインに仕上がりました。


【プランニングでのポイント】
リビングを土間玄関から1段上げ一続きにし、ちょっと腰掛けて過ごせるようにしました。和風テイストの玄関から廊下につながる洗い出しの空間をつくり、和の雰囲気を大切にトーンを落としたカラーリングにしながらも、玄関の丸窓などをアクセントにしてモダンな雰囲気を出しました。家族が集うリビング床材には耐久・弾力性に富むアカマツを活用。あえて梁の本数を多めに取り、高さのある天井とともに空間を広く感じさせ、子どもをのびのびと育みます。床や建具はダークな色味で統一し、珪藻土クロスの壁やあたたかみのあるライティングと調和させました。2階フロアは、ナチュラルな色味で統一し、たっぷり注ぐ日の光が、プライベート空間を優しく包みます。


【仕様・設備へのこだわりのポイント】
1階はALL無垢(建具以外)、2階は予算を抑えるために新建材を選びました。床材の赤松には塗装を施すことで年輪が風合いとなって浮かび上がり、シンプルな空間に味わい深さを生み出しています。玄関とリビング間は千本格子の3枚引き込み戸にし、開け閉めすることで、二通りの空間に変化するように設計しました。千本格子にはすりガラスを採用し、ほのかな灯りが趣きある美しさを演出します。リビング裏に玄関から続く廊下を設け、これを隔ててお母様の部屋を配置する設計です。奥様とお母様が2人一緒に動けるゆったり設計のキッチン。その横に、十分な広さの便利なパントリーを設け、階段下空間を有効活用しました。


【施主様の喜びの声】
喜びの声家づくりを機に、母親との同居を踏まえて希望したことに、提案してくれた間取りが功を奏し、ゆとりがありお互いが気を遣わず楽しめる、理想の住まいの実現へと導いてくれました。土間玄関から見る丸窓と千本格子の光景が、家族の一番のお気に入りとなっています。

フォトギャラリー写真をクリックすると拡大して見ることができます。

玄関とLDK LD 玄関 LDK 玄関と千本格子戸 キッチン 寝室 子供部屋 パントリー


施工事例一覧に戻る

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント