香川の家2018年夏・秋号に掲載されました!

香川の家2018年夏・秋号に掲載されました!

「こだわりの自然素材で創られた健康な家」

日本人は古来より木と共に生きてきました。世界のどの民族よりも木を愛し、木の特性を知り尽くしています。その証拠が、世界最古の木造建築・法隆寺。1400年の時を経てなお現存する、日本人の心を表す世界遺産です。
 その思いと技術を受け継ぎ、現代の木の家を提案するのが、かがわの家.comです。耐震性・耐久性にすぐれ、健康で省エネな住まいを、無垢の木材で作っています。一番の特徴は、土台にはヒノキやヒバ、柱には杉・ヒノキ、梁には松、床には赤松やタモ、桐など、場所によって木を使い分けていること。木には、縦の力に強い種類、横の力に強い種類、虫を寄せ付けない種類などそれぞれ特長があり、適切な木を適切な場所に使用することで、法隆寺のような丈夫な建物を生み出すことができるのです。しかも建物自体に調湿機能や防虫性能が備わるので、余計な化学製品を使用する必要がありません。空気が澄み渡っているため、健康を気づかう施主さまからは絶大な支持があります。
 もうひとつの特徴が、生活するために必要な冷暖房などの各種付帯工事をすべて含んだ、追加費用のかからない提案をしていることです。実際に家ができてみると予算を大幅にオーバーしていた…という心配もなく、安心して家づくりを楽しむことができます。
 高品質を極限まで追求した「郷の家」、選びぬいた本物の自然素材を手の届く価格にした「森樹」。本物を基準にする人の心に響く、確かな品格を備えています。
kagawanoie2018natuaki.jpg

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント