History of Tokai Kogyo #1

職人我々は、元々製造業の職人集団でした。
昭和46年高松市において創業し、仮設建物の製造を行いながら日本の高度背経済成長を支えてきました。
私が、代表に就任した2001年当時は、まだ今のような工務店業では無く、工場内でコツコツと製品に向き合いながら、「お客様に喜んで頂ける様に」との思いで物作りを極める職人集団でした。
しかし、当時の私たちのたった一つの不満。 それは『直接お客様の顔を見てお客様の声を聞き、喜びを肌で感じることができない事』でした。
人として、誰かの役に立ちたい、誰かに認められたいというのは、生まれ持つ本能と言っても良いでしょう。
しかし、工場内で働く職人は、それを間接的にしか感じる事ができず、肌で実感する事が出来ない状況でした。
来る日も来る日も、物作りに励むが、お客様の喜びを感じられない。それはとても悲しいことです。職人がやりがいとするのは、昨日よりも今日、今日よりも明日という物作りへのこだわりだけになってしまいます。
そこで、2009年弊社は製造業二加え、住宅を扱う工務店として再出発をしました。
最初は、一人一人の職人が、お客様の声を肌で感じられるよう、小さな”修繕”が我々の仕事でした。
普段工場内で行っている網戸張り、これをお客様のご自宅で行う。
職人にとってやっている仕事は全く同じですが、客様課の顔を見ることができるかどうかで、仕事に対する笑顔と喜びは全く違っていました。
お客様から頂く「ありがとう」のひとことがどれだけ自分たちにとって大切なのか、私も職人も痛感しました。
この時の、職人の笑顔は今でも忘れることができない瞬間です。
その後、お客様からの声を受け、本格的なリフォーム、新築住宅を開始し、とある事件をきっかけに、我々は、日本の木造建築の素晴らしさと、優しさを多くの人に知っていただき、本当にアンシンし、長く住んでいただきたいという思いから、自然素材を使った本物の家づくりを開始しました。

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント