断熱について

断熱の重要性~家の断熱材、ちゃんと選んでいますか?

たかが断熱材って、おもっていませんか?

断熱材って、とっても重要。ちゃんと断熱している家とまったく断熱していない家では、住み心地も省エネも違ってきます。たかが断熱なんて思ってはいけません。

断熱の効果断熱の効果■冷暖房費の節約
断熱をしていない家では、暖房の熱が天井・壁・床・窓から80%も逃げ、冷房時でもの熱が70%侵入します。
しっかりとした断熱をすることで、冷暖房費の節約ができます。

■健康で快適な住まい
お部屋間や室内の上下温度差が少なくなり、快適に過ごせます。また吸音効果もありますので、プライベートな音の漏れや屋外の騒音の侵入を和らげます。
また、隙間なく断熱化することで結露を防止し、アレルギー原因のひとつであるカビの発生を抑えます。

■家が長もち
壁の中での結露は、木材の腐朽や建材の劣化の原因です。

断熱のポイント

ポイント

まったく断熱していない家とちゃんと断熱している家

断熱していない家
断熱していないから壁の温度が低く、室温が20度でも体感温度は15.4度に。壁の近くや空間の上下に大きな温度差が・・・。
断熱している家
断熱のおかげで温度があまり下がらず体感温度も19度に。温度差が少なくてとても快適。

快適さは体感温度で決まる。だから断熱が大切なんです!

そう!温度差が家の大敵だったのです。温度差が家の大敵
カビやダニは結露が好き。温度差が結露を生んで、大切な家をむしばんでいくんです!
お部屋の温度差はサッシやタンスの裏側、収納の奥など家のいたるところに結露を発生させます。カビはこの結露が大好き。カビがはえ、そこにダニが繁殖してという悪循環に・・・。健やかさのためにも断熱は重要です。
そして、結露は建材を腐食させる原因でもあります。特に木造住宅にとって結露は大敵。毎日暮らす家だから、断熱材にこだわらなかったために・・・なんてことにはならないよう。

省エネも断熱が決め手なのでした。
省エネも断熱が決め手断熱がされていない家では暖房の80%が逃げてしまいます。
また、冷房時は70%もの熱が侵入してきます。驚きですね。
しっかりと断熱されていれば、外に快適温度が逃げません。つまり冷暖房費の節約にもなるのです。

断熱をしていない家と断熱された家
※全く断熱をしていない家と断熱された家(国土交通省で定めた平成11年省エネ基準に準じた家)の年間冷暖房エネルギー消費量を比較。国土交通省において試算。

だからこそ、断熱材はしっかりと選びたい!
断熱材は後から取り替えることができないんです!

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント