セルローズファイバーとは

スーパージェットファイバーは家の強い味方!住む人にも地球にもやさしいんです。

スーパージェットファイバーは、環境にやさしいリサイクル建材です。
スーパージェットファイバー
スーパージェットファイバーは、天然の木質繊維であるセルローズファイバーが主原料。

スーパージェットファイバーの特徴
・省資源化を実現する断熱材
・わずかな製造エネルギーで生産
・高い断熱性能

スーパージェットファイバースーパージェットファイバーは、新聞販売店などで売れ残った新聞を繊維状に細かくしリサイクルしたものに微量のホウ素製薬品(ゴキブリよけや、目の洗浄・消毒に使われている人体には無害な物質を混合して製造した断熱材(セルロースファイバー)です。

新聞古紙と言っても、販売店の余剰品を使用し、チラシや異物が入らない良質な新聞古紙を使用しています。
40坪の家1棟で約1.2t使うので、新聞に換算すると約15~18年分の新聞をリサイクルしたことになります。
限りある資源を有効利用し、環境への負荷を極力おさえるサスティナブル(持続可能)な社会にマッチした断熱材なのです。
スーパージェットファイバー

セルローズファイバーとは?スーパージェットファイバー許認可関係一覧
新聞紙が主原料。地球にやさしいエコ断熱素材です。
セルローズファイバーとは、天然の木質繊維のことです。
天然繊維であるセルローズファイバーは、無機繊維より優れているところがたくさんあります。
その一つに自然が作った小さな空気の粒にあります。太さが均一で、硬い針のような無機繊維に比べてセルローズファイバーは、様々な繊維が絡み合っています。

セルローズファイバーとは?セルローズファイバーとは?

この繊維の絡み合いが空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。
この空気胞の存在がより一層熱や音を伝えにくくします。
さらに木質繊維特有の吸放湿性で、適度な温度を保ちます。
自然の恵みが私たちに快適な暮らしをもたらしてくれる。
まさに天然の力です。
熱伝導比率の比較

...
熱伝導比率の比較もともと断熱性が高い木を、綿みたいに加工。だから・・・
高断熱に適した建材なのです。
気は無数の空気胞をもつ木質繊維から形成されていて、断熱性能はガラスの7倍と言われています。スーパージェットファイバーは、その木質繊維でつくった、いわば綿のようなもの。だから高断熱なのです。

安全性で厳しいアメリカで70年の実績を誇るセルローズファイバーセルローズファイバーは欧米諸国が発祥の地で、例えば米国の断熱材種別シェアを調べてみると、セルローズファイバーが米国で最も多くしようされている断熱材であることがわかります。

米国では、約70年前、日本では、約30年前に生産が開始されています。

■1940年 アメリカで生産開始
■1978年 旧十條製紙(日本製紙木材)で国内初生産開始
断熱材種別シェア

製造エネルギーも少ないから地球にやさしい水や熱を使わない乾式製法だから省エネ製造。水や熱を使わない乾式製法だから省エネ製造
一般に使用されているガラス繊維断熱材を製造するために使用する製造エネルギーに比べ、スーパージェットファイバーは、約1/7の製造エネルギーでつくることができます。リサイクル資源を省エネルギーで提供できる理想の断熱・吸音材です。

...
断熱材の種類と製造エネルギー
製造エネルギー数値が低い=地球に不可が少なく、環境にやさしい断熱材です。
断熱材の種類と製造エネルギー


セルローズファイバーとCO2
セルローズファイバーとCO2地球温暖化・・・・・・。
私たちひとりひとりが暮らしの中で取り組むことが、
地球環境保護に結びつくことになります。
限りある資源を有効利用し、省エネルギーに努めることが
これからも私たちのテーマです。

低炭素化の推進には、省エネルギー性能向上による消費エネルギー削減や再生可能エネルギー導入によるエネルギー創出に加え、資材製造時や施工時のCO2排出量削減を図ることなどにより、資源の採取から買いたい・リサイクル等までの建築物のライフサイクル全体を通じてCO2排出量をマイナスにするための取り組みが必要とされています。

この状況に対して、リサイクル材を主に使用し断熱材生産時のエネルギーが非常に少ない「セルローズファイバー」は、製造~施工~居住~解体まで、低炭素か社会の実現に確実な成果をもたらします。
また、確実な施工により断熱欠損を防ぐことで、居住時の冷暖房エネルギー削減や建物の長寿命化に大きく貢献できるとても優れた断熱材と言えます。

セルローズファイバーとCO2について詳しい解説書


セルローズファイバー品質特性
自己証明書・断熱材区分:C区分
・断熱性能値:0.004W/m・K(密度25・55kg/m3)
・品質特性
基準

セルローズファイバーの性能断熱以外にもこんな効果があります!!
※スーパージェットファイバー/吹き込み工法に適用します。試験方法はJIS A9523による

断熱断熱冬暖かく、夏涼しい住空間
断熱材は、固定した空気をより多く抱えているものがよとされています。
スーパージェットファイバーの木質繊維は、繊維の絡み合いで空気を抱えるのに加え、一本一本の繊維の中にも空気胞があり、素材の高い断熱性と隙間のない施工で確実な断熱性が得られます。
((財)日本建築総合試験所 IVB-94-82,IVB-00-181)


吸放湿性(結露防止)吸放湿性壁の内の外も結論心配なし
古紙を主原料としたスーパージェットファイバーは、「木材」と同じように、周りの湿度環境に応じ、吸放湿してくれます。((財)建材試験センター 第08A0682号)

吸放湿率


快適性室内上下温度差室内上下温度差が少なく安心
お部屋上下の温度差が少ないため、足元だけが冷えるなどの不快感が減少します。
身体に負担をかける部屋から部屋への極端な温度変化の心配も緩和。
小さなお子様、ご年配にも安心です。


撥水性撥水性撥水性もしもの雨漏りにも安心
屋根からのわずかな雨漏りは大丈夫。
撥水処理をしていますので、吸水による断熱性能の低下を防ぎます。

((財)化学物質評価研究機構 No.14-3A-0094)※

沈み試験推移図

シックハウス対策シックハウス対策F☆☆☆☆告知対象外。
スーパージェットファイバーは、揮発性有害化学物質を使用していないため『F☆☆☆☆の告知対象外』の断熱建材です。
((財)建材試験センター 第09A1204号)

...
シックハウス対策参考)国道交通省告示第1113号の対象建材
1.ロックウール断熱材
2.グラスウール断熱材
3.吹き込みようグラスウール断熱材
4.ユリア樹脂又はメラミン樹脂を使用した断熱材
...

当社では、公的試験で確認し、自己宣言もしています。
公的試験


環境配慮環境にやさしい断熱材環境にやさしい断熱材
主原料は新聞残紙(廃品回収でなく新聞販売店などで売れ残ったものを使用)を主原料とした製造エネルギーが低く地球に付加が少ないリサイクル商品です。
限られた地球の資源を有効活用し、住宅の省エネルギーに貢献します。


吸音性吸音性音が気にならない空間づくり
木質繊維のやわらかく、軽い素材は優れた防音性を持ち、室内のプライベートな音の漏れや屋外の騒音などの防音対策に効果的です。

吸音性

吸音性
100db(デシベル:音の単位)の防犯ベルを特殊な実験ボックスの中で鳴らして、従来の断熱材とスーパージェットファイバーでの断熱材で、それぞれ計測してみました。

省エネ冷暖房費の節約冷暖房費の節約
高い断熱性能により、冷暖房費が節約でき、経済的です。壁内の結露防止で木材の腐朽や建材の劣化を防ぎ、家を長持ちさせます。

難熱性(難熱3級※)難熱性万が一の火災にも万全対応
セルローズファイバーは、ホウ素系の薬品によって防熱処理された国土交通大臣認定の準不燃材料です。難熱処理により、1000℃の炎にも表面が炭化していくだけ。
万が一火災が発生してもご家族が避難するための延焼を遅らせ、有害ガスの発生もありません。
((財)建材試験センター 難熱3級 第08A0010号)


難熱性


防虫性・防カビ性防虫性・防カビ性ゴキブリ・白アリ・カビを寄せ付けません。
木質繊維だから、心配される白アリやカビの発生。ホウ素系薬品により特殊処理をしていますので白アリが住みついたり、アレルギーやアトピー原因とも言われるカビの生育を防止する効果があります。
((財)建材試験センター 防カビ 第08A0253号)※


安全性安全性国際的に認められた安全性
木質繊維とホウ素系薬品などの添加薬品は、人体への蓄積や残留がありません。
繊維は木質繊維100%で、アスベストなどの鉱物繊維は一切含まれておりません。
安全に厳しい米国でもセルローズファイバーの断熱材の安全性は認められており、70年以上の実績があります。

住宅資材として、災害(火災など)や人の健康・地球環境に配慮した断熱材です。
安全性

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント