シックハウス症候群について

■シックハウス症候群について

住宅の高気密・高断熱化がすすむ一方で、建材に含まれる化学物質によって心身の不調を訴える人も増えています。目の痛みやかゆみ、頭痛や集中力の低下など人によって症状はさまざまですが、新築やリフォームをきっかけに、いわゆる「シックハウス症候群」を発症するケースは少なくありません。一般的な住宅に使用されている合板や壁紙、塗料や接着剤などには、ホルムアルデヒドをはじめとした有害な化学物質が含まれていることが多く、室内の空気が汚染され、不快な症状を引き起こす原因となります。さらに、汚れた空気の中で生活をし続けることによって、より深刻な健康被害を招くおそれもあります。長い時間を過ごす場所だからこそ、健康で安心して暮らせる住まいを提供することが大切であると考えます。

imasia_7586001_S.jpg

□主なシックハウス症候群の原因

化学物質 使用箇所 人体への影響
ホルムアルデヒド 合板・壁紙・建築用接着剤・壁紙用接着剤 発がん性あり
アトピー・ぜんそく・アレルギー症状
有機リン化学物質 難燃壁紙・シロアリ駆除剤・防ダニ加工・合板の防虫剤 発がん性あり
遅発性神経毒性・頭痛・倦怠感・発汗・下痢
胸部圧迫感・筋萎縮・視力低下
有機溶剤 塗料・接着剤・シロアリ駆除剤・ビニールクロス 発がん性あり
中毒・目鼻の刺激・吐き気・皮膚炎・中枢神経障害
フタル酸化合物 壁紙の接着剤・塗料 発がん性あり
ホルモン異常・生殖異常・胃腸障害
中枢神経障害・麻痺・下痢・嘔吐
有機塩素 ビニールクロスの素材
防腐処理木材・合板の防虫剤
脳腫瘍・肝臓ガン・肺ガン・乳ガン・めまい・リンパ腫・手足のしびれ
腫瘍・白血病・胎児の奇形・皮膚障害・肝臓障害・食欲不振・多量発汗・不眠・倦怠感

資料請求:成功した人だけが知っている!家づくりのポイント